Welcome!

ドイツ生活・DER DIE DAS

1年以上



忙しくなる前に、僕のとっておきの場所の写真がいくつかあるので、急いでUPします〜。


こちらはニュルンベルク(Nuernberg)の旧市街のおすすめSPOT「石の地下道」です。観光ブックではあまり紹介されていない、この「地下見学ツアー」は、ハウスブラウアライ アルトシュタットホーフ・Hausbrauerei Altstadthofと言う、ビール醸造所(+レストラン)が行っています。参加料金は大人4,50ユーロ。ガイドさん付きで見学できます。以前は自由に出入りできたようですが、今はツアーに入らないと見学できません。というか、ガイド無しで勝手に入ると、迷子になって大変なコトになりそうなのでご注意を、、、(笑)


さて、旧市街の下に迷路のように張り巡らされた地下4階建て地下通路。もともとは、1380年にビールを醸造、貯蔵するために造られたものでした。第2次大戦中の1944年〜1945年にかけて、ニュルンベルクはナチスの本拠地だった為に激しく攻撃されます。その攻撃は凄まじく、町の90%が破壊されたそうです。その時に約2万人の市民が、防空壕として避難をしていた場所がこの「石の地下道」です。


この地下道、かなり面白い。現実離れした不思議な空間を満喫できます☆ガイドさんの話を聞くも良し、、、僕は兎に角、写真を撮りまくったのですが、人が写りこまない写真を撮る為にツアーの列の最後尾にいたので、グループが移動する度に置いて行かれそうでヒヤヒヤです。そのうちツアーの中の3〜4人で、写真しか撮ってないグループがを結成(笑)その人達と協力し合いながら、遅れ遅れでツアーについていきました。(最後の人が迷子にならないように、中間点で行き先を教え合いました。まァ迷惑な観光客ですね〜、スミマセン。)


写真は「石の地下道」の地下1階です。どうぞ雰囲気をお楽しみ下さい。明日は残りの写真とチケットの予約場所なんかをUPします。



























































人がやっと1人通れる位の広さで天井の低い場所が多いので、背の高いドイツ人は大変そうでした(笑)此処からいよいよ地下2階へ、、、



1年以上


良かった、良かった、良かった〜!! 恐らく「女子フィギア史上最も難しいプログラム 」を完璧に成功させた真央ちゃんに感動です。終わった後の泣きそうな顔に、思わずもらい泣きしそうになりました。競技後のインタビューで見せた、笑い顔がとても印象的です。もう正直、点数やメダルはどうでもいい気持にすらなります。見てる人の心を揺さぶるような演技をしてこそのアスリートです。 ホント綺麗だっし、凄かったよ〜!!お疲れ様でした☆彡


そんな真央ちゃんの自己ベストをどんどん超えていく上位の人達の演技???なんだかなァ。この高いホームアドバンテージってどうなのか? 全く難易度のない演技の方が、リスク背負って3Aに挑戦して成功させた点数より高いって?? 荒川さんが、フィギアには不正は無いって言っていましたが、僕にはどうも信じられません。そもそも、最初に滑った人より、後から滑った人の方が点数が高くなっていくコト自体、競技としては不可解。こんな可笑しな採点ばかりされて、1番可哀想なのは選手達だと思います。結局、いい加減な採点ばかりしてると、フィギア自体が人気が無くなるような、、、そんな気すらします。








 

1年以上



今やニュルンベルグのネズミと言えば、ツァウバマウス(魔法使いのネズミ)の清武選手ですが、こちらは カイザーブルク城入り口にあるグッタリとした巨大ネズミと小さいネズミの像。アルブレヒト・デューラーの作品です。


このグダグダな感じに、なんともシンパシー感じる今日この頃でしたが、、、先日、急に大きな仕事が決まってしまいました。嬉しいやら、悲しいやら、まァ、やるしかないですね!!しばらくは馬車馬のように働くことになりそうです。せっかくお絵かきに夢中になってたのに〜。とかはど〜でもいいことですが(笑)仕事漬けの毎日になりそうなので、ブログの更新が少し遅くなるかもしれません。う〜ん、何とかW杯までには楽になりたいよ〜。。。


と、いうことで少し更新ペースが遅くなりそうですが、週に2,3回は更新していきますので、、今後ともどうぞよろしくお願い致します。





コチラはツァウバマウス→http://or2.mobi/data/img/41561.gif

1年以上


大丈夫かな…「下げられるだけ下げてやった」って、感じで見てると辛くなってきます。なんだかとても可哀相 。真央ちゃんを見てると、もう無理せんでいいよって気持ちになります。競技人生の中で彼女に不利な様に、採点基準コロコロ変えられて、よってたかっていじめられているみたいです、、、。どうしてこの子ばかりがこんな目に合うのか? 滑る前の表情見てても、使命感だけでやってるような痛々しさです。ずっと何かに追い詰められて、心も体もボロボロなんだろうなァ。まァ、明日のフリーはスコア忘れて悔いなく終わって欲しいところ。明日こそ、誰よりもいい演技見られるかもね。


しかし、女子フィギュアは上位の人がみんな引退宣言してるけど、、暗黒時代になるのだろうか???




1年以上



先月、旅行で行ったブリュッセルで彼女がスマホを盗まれました、、、。丁度、帰りの便の早朝の駅での出来事です。駅で「あれ?携帯が無い。」と気がついたのですが、どこに置き忘れたかは不明。ホテルに置き忘れたか?駅までの道のりで落としたか??駅のホームで盗まれたか??? その時点ではあまり危機感を持たずに、帰りのタリスに間に合わなくなるので、そのまま乗車しました。約4時間後にデュッセルの自宅に着き、まずはソフトバンクの海外紛失係に電話してみたのですが、、、。


どうも、最初に電話に出てくれた男性では要領を得ず、詳しい上司のお姉さんに変わって貰い、紛失したことを告げ、もしかして悪用されていないかを確認して貰いました。そして、、、→恐怖で氷つくような回答。たった3〜4時間程しか経過していなのに「本日180,000円相当の利用がされています!!!」εε=ヽ( `Д´)ノ ウワァァァン 兎に角、すぐに携帯を止めて貰い、後はソフトバンクにお願いするばかり、、、。その日は確実に使用していなかったコトと、最悪ブリュッセルに戻り被害届けを貰ってもいとわないと、何とかお願いして、とりあえず海外使用料と本体分の代金を払い続けるってことで、お許しを貰えました。ふゥ、最悪の結果は免れました。本当にありがとうソフトバンク。


さて、冷静に、冷静に、思い返すと、どう考えても駅のホームで盗まれたとしか思えません。ホテルでは確認した記憶があるし、歩いてる最中はそもそも人に会ってません。ネットで調べてみたら、ベルギーのスリ被害は日常的にかなり多いそうで、、、朝から全くの無防備で駅のホームをフラフラ歩いていた僕たちは、カモ中のカモ!!ネギを山のようにしょっていた訳で、、、今更ながら、悔やまれるやら、腹立たしいやら、情けないやら。でも、盗まれたモノがパスポートや財布じゃ無くて、本当に助かりました。まァ、別にベルギーのせいでは無くて、観光地だからこそ観光客が多く集まり、観光客が多いからこそスリが集まっている訳で、1番いけないのは注意を怠った自分達なんでしょうね。いい勉強になりました。


海外旅行での重要な教訓→ 「携帯電話を海外で紛失・盗難の場合は、迷わずすぐに携帯会社に電話して止める!!」です。どうぞお気をつけ下さい。


 

ドイツ生活・DER DIE DAS

作者:デュッセルドッグ

ドイツ生活・DER DIE DAS

デュッセルドルフ在住です。ドイツを楽しむ100の方法と本音のブログ。お役立ち情報も満載です☆

7日 017 総合 693 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



デュッセルドッグさん新着記事

写真..
1年以上

請求書..
1年以上



過去記事

デュッセルドッグさんへの新着コメント




デュッセルドルフブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 Angelic Bloom 
2位 ドイツの認定ファイナンシャルアドバイザー山片
3位 Sinn Counseling ロゴセラピーによる心理カウンセリング・メンタルヘルス・コーチング in ドイツさんのノート
4位 車屋どっと独kurumaya.deのブログ
5位 ドイツで絵を描きながらあれこれやってみるブログ
6位 まちづくりの恩恵 in ドイツ
7位 美容師 / Blog
8位 ドイツ生活・DER DIE DAS


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?デュッセルドルフでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録