Welcome!

ドイツ生活・DER DIE DAS

1年以上
 小泉純一郎元首相の言う「脱原発」を日本に先駆けて実施した先進国がある。
原子力17基を所有し、原発に電力の約2割を依存していたドイツは、法案で
2022年12月までに原発の完全廃止を決定した。

こういった首相の強いリーダーシップによって導かれたドイツの脱原発だが、
同時に国民への“痛み”も強いている。
まず、電気代。
再生可能エネルギー促進のために上乗せされる税金「賦課金」は今年、2000年度の
26倍に。標準家庭の年間電気代は昨年比で91ユーロ(約1万2400円)上がり、
年間の総負担額は998ユーロ(約13万7000円)になる見込みだ。
あまりに高額なため、電気代を払えない12万世帯が、一時電気を一斉に止められる
事態になったことも。一般家庭を悩ませる大きな原因となっている。

もうひとつの“痛み”が、小泉元首相も会見で話していた高レベル放射性廃棄物の
最終処分場の問題。
ドイツでも処分場はいまだ決まっていない。
1970年代にゴアレーベンという候補地が決まっていたが、地元住民や環境団体の
反対にあい、事実上白紙撤回された。
ドイツは18年後の1931年までに最終処分場を決めるべく、今年本格的な作業を
開始した。

『脱原発を決めたドイツの挑戦』(角川新書)の著者で、
ドイツ在住のジャーナリストの熊谷徹さんが言う。
「しかし、市民の環境意識が高いだけに、核のゴミを自分たちが住んでいる町では
引き取りたくないというジレンマがあります。建設地が決まった場合、
激しい反対運動が起こるでしょう。裁判まで至るケースも考えられます」

日本もまた状況は同じだ。小泉元首相は、10年以上最終処分場が見つかっていない
から、即脱原発するべきだと主張。
つまり、即刻脱原発を決めなければ、最終処分場の問題はこのままずるずると
先送りされ、廃棄物は増え続ける一方だからだ。

原発容認派は、最終処分場のめどがついてからこそ、脱原発論議を進めていくべき
と訴えるが、はたしてそうだろうか。
ドイツ政府や国民が脱原発に踏み切ったのは、「この問題をもはや先送りには
できない」という強い意志があったからこそだ。先送りにすることは、すなわち
子供たちへの負の遺産を積み上げることにほかならない。
「原子力と化石燃料からの脱却をめざすドイツのエネルギー革命は、
エコロジーというイデオロギーに基づくもので、経済的な理由ではありません」
(熊谷さん)

現在、ドイツの再生可能エネルギーは、発電総生産量の2割を占める。
1950年までには8割まで上げるのが国の指針だ。
※女性セブン2013年12月12日号

ソースは
http://www.news-postseven.com/archives/20131202_229353.html
1年以上

「何で毎日、毎日ブルグを書くかって?」


先日、日本のTVの古いのをFC2で見ていたら「怒り新党」で、そんな話をしていました。有吉は自信たっぷりに「ブログ本」を目指しているんだよ、、、などと、言っていましたが、まさか僕自身はそんな大層なコトを考えている訳がありません。(たぶん、ほとんど人はそんなコト、考えていないと思いますが、、、)


でもブログを書くというのは、毎日2〜3時間は潰している訳ですから、、、それなりの労力はかかっている訳です。HPに張った、グーグルアドセンスが儲かっているかと言えば、全然大したコトない訳で、ホント月に数千円程度です。自給数十円ですね。なので、なんでか?と、聞かれると困るのですが、ブログを書くようになってからは生活にハリができたのは確かです。どこか知らない国や町に行ってみたいと思うようになったし、何でもないようなコトでも深く見るようになりました。「そうそう、あんなコトあったな」って生活を楽しむために記録しているような気がします。


なので僕自身がなんでブログを続けるかというと、結構、楽しんで書いていて、読んでくれた方からコメントを頂いたり、ブログランキングの「ポチ」を貰ったりしながら、ささやかに幸せを感じながら、少しだけお小遣いの貰える日記ですかね、、、僕の場合は、色んな偶然が重なりあってドイツに住みついてしまったのですが、あと何年ドイツにいるかも決めていないので、又別の国に行くことも十分に考えられます。気持ちの続く限り更新していくつもりですので、どうぞよろしくお願いします☆彡

1年以上
JUGEMテーマ:ドイツ


































 
1年以上

 ★全く的外れな日本の「ドイツの脱原発を見習え」論 多くの矛盾を孕む独の再生可能エネルギー政策、一方EUは原発に傾斜
2014.02.05(水) 川口マーン 惠美

今、都知事選が沸騰している。大きな争点の1つが“原発”。

日本での反原発は、「ドイツを見習え」論がいまだに大手を振るっていて、「ドイツにできることは、
日本にもできる」みたいな勇ましい話だが、もう一度考えてみてほしい。ドイツは、まだ何もしていない。
原発は、16基のうち9基が動いている。原発を止めているのは日本である。

◆電気が余っても消費者の電気代が上がるという理不尽
ドイツは福島第一原発の事故のあと、脱原発を高らかに掲げ、将来、原発を止めた暁には、その分の電力を
再生可能エネルギーで賄うという決意を示した。以来、頑張っているものの、しかし、現実は難しい問題が
山積みという状態だ。

確かに、再生可能エネルギーで発電できる電気の容量は抜群に増加している。ドイツに来れば分かるが、
あちこちに風車が立ち並び、そして、多くの一般住宅の屋根にソーラーパネルが載っている。
アウトバーンを走っていると、巨大なソーラーパークも目に飛び込んでくる。

何故、こういうものが雨後の竹の子のように増えたかといえば、再生可能エネルギーで発電した電気が、
20年にわたって全量、固定価格で買い取ってもらえるという素晴らしい法律があるからだ。

土地と投資力を持っている事業者は、広大な土地にソーラーパネルを並べ、絶対に損をしない商売にニコニコ顔だ。
>>2へ続く



http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/39824

1年以上

ベルリン バカンスと「閉店法」

http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/worldtown/CK2013121802000260.html


★ベルリン バカンスと「閉店法」
2013年12月18日

ドイツにはコンビニがない。法律で禁じられているからだ。
一九五六年につくられた「閉店法」は、その後の改正で何度か緩和されたが、今でも原則、商店の
営業を平日の午前六時〜午後八時に限っている。長時間労働を防ぐためだ。

ただガソリンスタンドや駅の売店は例外。自宅近くの給油所も年中無休、終夜営業の売店を併設している。

では、貴重な二十四時間営業の店だから繁盛しているかというと、そうでもない。たいてい閑散としている。
私自身、日本ではコンビニを使わない日はなかったが、ドイツでは給油以外で立ち寄ったことはない。

一日のうち昼間は働き、夜は休む。一週間のうち五日働いて週末は休む。そういうリズムを社会全体が
共有している。少し大げさに言えば、日本の正月に感じる森閑とした雰囲気が週末ごとにやってくる。
そして年単位では数週間のバカンス。年三十日の有給を誰もが使い切る。

ドイツが世界に誇る短い労働時間は仕事と休息のめりはりをつけた毎日の積み重ねの結果。
「バカンスは一日にしてならず」だ。

その根っこにある閉店法を、日本でも導入したらと夢想するが、反対の強さを思えば絵空事だろう。
同じ先進工業国だが、この点でドイツと日本は恐ろしく離れた所に立っている。 (宮本隆彦)


-----------------------------------------------------------------------------------------

釣られて信じてるやつが多くて笑った。ドイツってやっぱり遠い国なんだな…
実態は↓こんなものだし、そもそもドイツは地方自治が強いお国柄だから、
地方によっては閉店法そのものが廃止されてたりもする。


998 :名無しさん@13周年:2013/12/19(木) 20:50:51.22 ID:KTSgHySw0
まーたこのネタかw

ドイツではガソリンスタンドが閉店法の例外になっていて、実質コンビニ化している。
いまではガソリンスタンドなのに本来のガソリンの売り上げは全体の売り上げの2割程度、
他の8割近くは雑貨類や食料品などの売り上げになっている。実態はそんなものだ。

買うものは買うから制限をかけても総売り上げは変わらないんだろうな。
それなら時間を限定したほうが効率がいいと。

日本では考えられないが合理的だ


はいはいドイツは進んでる進んでる
普通車の自動車税もドイツ見習って下げようぜ



有給絡めて1週間ほど休みたいのですが

ドイツ
「おお〜良いね〜旅行かな?楽しんでこいよ
俺も今度休み取るからその時はよろしくな」
というお互い様

日本
「は〜!?お前何言ってんの?
誰も有給なんか取ってねえんだよ
お前だけ休むとかふざけるな」
というお互い様


たとえば取引先からの納入品に不備がある、みたいなケース。

日本の企業相手
「担当者が休暇中?こんな状況で、休んでる場合じゃないだろ。すぐにでも呼び出せ!」

海外の企業相手
「担当者がバカンスで不在?ああ、今はそういうシーズンだから、仕方ないですねえ」


日本人も、なぜか海外相手だと、やたらと休みに理解がある。


たしか、閉店法はナチスドイツ時代に制定された法律。
ナチ時代の法律は、大半が戦後廃止されたそうだけど、
閉店法は生き残ってる数少ない法律の一つなんだよね。
マメ。


2013.4.7 07:00 http://sankei.jp.msn.com/world/news/130407/erp13040707010001-n1.htm 【世界おもしろ法律事典】いとしの相方30年たてば魅惑の「Hナンバー」 ドイツ

「車は走る文化財」。ドイツにはまさにそんな言葉を体現する制度がある。ベンツやBMWなど数々の名車を生んできた国民にとって、その歴史は「誇り」でもある。 

 「文化財」を優遇するこの制度が導入されたのは1997年。30年以上経過した車が対象で、大幅に改造されず、オリジナルの状態が保たれていれば、
末尾に「H」のついたナンバープレートが付与される。「H」は「historisch(歴史的な)」の意味だ。

 Hナンバーの自動車は税制の面で優遇されており、自動車税は年間約190ユーロ(約2万3千円)。Hナンバー車の所有者は「車を大事に扱う」と予想されるため、保険でも優遇される。
環境規制で車両進入が制限される地域でも、Hナンバー車は例外扱いだ。

 ドイツ自動車工業会によると、Hナンバー車は制度導入後、徐々に浸透し、登録台数は2002年の約9万7千台から、11年には約23万台と倍以上に増えた。
工業会側は「Hナンバーのおかげで、多くの人が歴史ある車を求めるようになった」と指摘している。

 統計によると、最も人気の車は「カブトムシ」の愛称を持ち、最もヒットした大衆車であるフォルクスワーゲンの旧型ビートル。
全登録台数の1割超を占める約2万7千台で断トツの首位だ。その後、「SL R107」などのベンツやポルシェなどが続く。

街を歩けば、Hナンバー車に出会うこともしばしばある。日本では新車を短い期間で買い替える傾向があるが、ドイツでは走行距離が10万キロ超でも乗り続ける人は珍しくない。

Hナンバー人気には「物を大事にする」といわれるドイツ人の気質と、ドイツを代表する産業への自負が集約されているように思える。




ドイツ生活・DER DIE DAS

作者:デュッセルドッグ

ドイツ生活・DER DIE DAS

デュッセルドルフ在住です。ドイツを楽しむ100の方法と本音のブログ。お役立ち情報も満載です☆

7日 12 総合 770 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



デュッセルドッグさん新着記事

写真..
1年以上

請求書..
1年以上



過去記事

デュッセルドッグさんへの新着コメント




デュッセルドルフブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 ドイツ&岐阜で(アロマ講座/前世療法/エネルギー療法)Megumi Piel
2位 心と体のホリスティックセラピー  ~健康って何だろう?~
3位 Angelic Bloom 
4位 車屋どっと独kurumaya.deのブログ
5位 ドイツの認定ファイナンシャルアドバイザー山片
6位 まちづくりの恩恵 in ドイツ
7位 美容師 / Blog
8位 ドイツ生活・DER DIE DAS


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?デュッセルドルフでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録