Welcome!

ドイツの認定ファイナンシャルアドバイザー山片

37日前
携帯ショップの契約は取り消せない!? ドイツでは普通商品や契約は無条件で2週間は解約・返品ができます。 ただし、なぜか携帯ショップでダイレクトに契約した場合はこの権利がないんです。 携帯会社のロビー活動のせいでしょうか? これを利用して騙す携帯ショップが後を断ちません。 携帯ショップはVodafonとか看板があっても個人がやってる代理店も多くあります。彼らは契約数だけコミッションをもらう出来高制ですから、売れているところはともかく、売れていないところは契約を取るのに必死です。 言葉のあまりできない外国人は狙われるので気をつけてください。   夫婦で9つの契約をさせられていた ちょっと信じられないんですが、以下は実際に問い合わせのあった方の状況です。 その方はなんと夫婦で9つもの契約をさせられていたのです。 しかも必要もないのに高い料金プランでです。 本人たちはいったいどうなっているのか全然把握していませんでした。 まあ、とっても人のよいおだやかな、いい感じの年配ご夫婦なんですが、 だからこそつけこまれてしまったのでしょう。 話をきいてみると、 「携帯料金が高いから安いものに変更できないか?」 と携帯ショップに行ってしばらくすると、 今までよりも余計に料金が引き落とされていました。 そして、また携帯ショップに行って、 「さらに料金が高くなってしまった」 と、告げると、なんかよく分からないことを言われ、 じゃあもっと安くなるようにするからと値段を見せられてまたサインしました。 そして次の引き落としを確認したところ、さらに金額が上がっていた、、、 (この時3つも余計な契約をさせられていた) というところで、「なんとかならないか」と僕のところに相談に来られました。 関係書類を全て見せてもらいましたが、契約書らしきものはなく、自分がサインした書類のコピーもありませんでした。 Vodafoneに確認したところ、 なんと 夫婦で9つもの契約をさせられていました。 3つは電話用、6つはデータ用の契約でした。 ・最初にした契約がそもそも全く必要もないのに一番高い料金で契約 ・それが高すぎると相談にいくと、契約途中なのに少し安い契約を追加で契約し、2重契約に ・その後2回携帯ショップを訪ねる度にデータ用の契約をさせられていた。最後の訪問では3つの新しい契約を。 契約書類も手元にないし、携帯ショップに行って契約した場合には無条件解約ができないので、弁護士を勧めました。 結果としては、Vodafone(携帯ショップではなく)に弁護士からのレターを書いてもらうことで、最後の3つの契約だけはVodafone側で解約してくれ、弁護士代も出してくれました。 その他の契約はどうしようもないということで、2年間の最低契約年数の料金を支払いました。 この方は今は僕が勧めたディスカウンターの毎月10€の契約のみです。   契約書等のコピーは必ず受け取り保存 何か契約をする時は必ず契約書のコピーを受け取ってください。 ・請求書やレシート ・なんかよくわからないけど広告でない書類 などはとにかくその年のファイルを作ってそこにどんどん保存してください。 あとで問題がおきた時や返品、契約違反の時など、書類は大切です。   お勧めのスマフォ契約 携帯電話契約はTelekom、Vodafone、O2 などの直よりもディスカウンターの方が安いです。 フラットレートで20€くらいです。 Congstar をお勧めしています。 お問合わせはこちらから (2016.12.12) * […]
38日前
世界的に税金逃れをできないようにするためのOECDの取り決め(101カ国参加)「共通報告基準(CRS:Common Reporting Standard)」が実施されます。 今までは居住地を移した場合に結構税金の取りこぼしがありました。 例えば、ドイツ在住の人が日本で仕事をして、日本にもドイツにも申告しないでいても実際にはほとんど発覚しないでいました。 ところが、今後は各国の口座の持ち主の居住地がどこかを報告するようになっていきます。そしてそのデータが国を超えて自動的に情報交換がなされます。 ですので、ドイツに居住している人は日本の口座に収入がある場合にはドイツ当局にも情報が流れるわけです。 まあ、そうでなくても、世界中どこであっても収入(利子収入や家賃収入も含む)は居住地で申告しなければなりません。 もし今まで申告していない人があれば、今後はしたほうがいいでしょう。 (もちろん今までもしなくてはならなかったのですが) ♢ 共通報告基準(CRS)に基づく自動的情報交換に関する情報 国税庁のサイトはこちら (2016.12.11記) * ご質問・ご相談等ございましたらお気軽にお問い合わせください。 ■ ↓ この記事が役にたったという場合は応援クリックお願いします。 ■ニュースレターにご登録ください! お役立ち情報を随時配信します。 メールアドレスを入力して登録をクリック  
38日前
僕の使っているクレジットカードは使用するたびに、すぐにメールが届く設定にしています。 先日は使ってないのにメールが。 使用先は Amazon.co.jp とあり、金額は980円 自分のAmazonアカウントをチェックしてもそのような履歴はないので、クレジットカード会社に電話しました。 カードはすぐにストップされて、新しいカードが郵送されるとのこと クレジットカードや銀行からの引き落としで身に覚えのないものは、早めにクレームを入れれば取り消されて返金されます。 クレジットカードは明細が届いてから1ヶ月以内とか、銀行だと2週間以内とかの期限もありますので、 時々チェックしておくことは必要ですね。 (2016.12.11 記) * ご質問・ご相談等ございましたらお気軽にお問い合わせください。 ■ ↓ この記事が役にたったという場合は応援クリックお願いします。 ■ニュースレターにご登録ください! お役立ち情報を随時配信します。 メールアドレスを入力して登録をクリック  
38日前
ドイツでは幼稚園が無料の街があります。    日本人が多いデュッセルドルフもそうですし、 フランクフルト近郊だと Eschborn, Hanau, Mainz も無料です。 その他には Kaiserslautern Heilbronn Koblenz Ludwigshafen Salzgitter Trier が無料だそうです。 幼稚園代は昼まで預けるのに毎月100€くらいしますから、 子どもが多いとばかになりません。 うちは16時まで預けて毎月270€くらいかかっていますから、 年間で3240ユーロ。 2才から通っていますから(2才時はさらに高い)、 4年間通うとすると 12.960ユーロ 子ども2人なら約 26.000ユーロ 子ども3人なら約 39.000ユーロ まあ、そのかわり うちの子どもが通う幼稚園では ストはありませんでしたが。 これから移住する場合や、子どもが多い場合などは 幼稚園無料の街に住むのもありですね。 実際そのために引っ越しをするひともいます。 ちなみに幼稚園代(食事代を除く)は 確定申告で控除可能です。 幼稚園から証明書をもらってください。 (2016.12.11記) * ご質問・ご相談等ございましたらお気軽にお問い合わせください。 ■ ↓ この記事が役にたったという場合は応援クリックお願いします。 ■ニュースレターにご登録ください! お役立ち情報を随時配信します。 メールアドレスを入力して登録をクリック  
66日前
(2016.11.13 記) ■ ドイツの最低賃金は2017年から 8.84€ !! 今までは 8,5€ なので、34セントあがります。   たっと 34セント!と思いましたが、   フルタイムで週40時間仕事しているとすると、 ひと月に 54.40€ 、年間652.80€の昇給ですね。   もっともシングルの場合はそのうち所得税約25%、社会保障費約20%が天引きされますので、実質的には手取り増加はこの半分くらいです。 * ご質問・ご相談等ございましたらお気軽にお問い合わせください。 ■ ↓ この記事が役にたったという場合は応援クリックお願いします。 ■ニュースレターにご登録ください! お役立ち情報を随時配信します。 メールアドレスを入力して登録をクリック  

ドイツの認定ファイナンシャルアドバイザー山片

作者:ドイツの認定ファイナンシャルアドバイザー山片

ドイツの認定ファイナンシャルアドバイザー山片

ドイツでの年金・助成金・保険・税金・投資などお金に関するご相談承ります。

ブログではドイツ在住の方のためのお役立ち情報をアップしていきます。

どうぞよろしくお願い致します。

7日 222 総合 2457 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



ドイツの認定ファイナンシャルアドバイザー山片さん新着記事



過去記事

ドイツの認定ファイナンシャルアドバイザー山片さんへの新着コメント




デュッセルドルフブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 ドイツの認定ファイナンシャルアドバイザー山片
2位 Sinn Counseling ロゴセラピーによる心理カウンセリング・メンタルヘルス・コーチング in ドイツさんのノート
3位 Angelic Bloom 
4位 車屋どっと独kurumaya.deのブログ
5位 ドイツで絵を描きながらあれこれやってみるブログ
6位 まちづくりの恩恵 in ドイツ
7位 美容師 / Blog
8位 ドイツ生活・DER DIE DAS


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?デュッセルドルフでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録